岡山県立美術館

創作版画が歩んだ道のり

 職人による分業体制で制作される浮世絵という木版画の伝統があった日本では、明治維新以降、全行程を一人の作家が手がける新しい版画の思想が西洋からもたらされ、近代的な美術表現としての版画制作が追求されるようになりました。この新しい試みは創作版画と呼ばれ、様々な作家たちが「自画・自刻・自摺」をモットーに、約半世紀に渡って版画の持つ独特の表現を活かした作品の制作に取り組みました。本展では、和歌山県立近代美術館が所蔵する国内屈指のコレクションから厳選された作品を紹介します。あわせて当館が収蔵する棟方志功と森谷南人子の作品も出品し、郷土ゆかりの作家の活動もふまえながら、近代日本に花開いた創作版画の魅力に迫ります。

開催概要

会  期 2018年10月5日(金曜日)から11月4日(日曜日)まで
開館時間 9時から17時
・10月5日は10時開館、10月26日は19時まで開館
・いずれも入館は閉館30分前まで
・月曜日休館(祝日の場合は翌火曜日)
観 覧 料 一般:900円、65歳以上:700円、大学生:500円、 高校生以下無料
学生証やシルバーカード等、年齢が確認できる証明書をご提示ください
キャンパスメンバ―ズ制度加盟校の学生は無料
*20名以上の団体は当日券の2割引き
主  催 岡山県立美術館、RSK山陽放送
後  援 岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、岡山県郷土文化財団、公益社団法人岡山県文化連盟、山陽新聞社
協  力 和歌山県立近代美術館
  • 特別展作品

関連事業 


記念講演会「和歌山県立近代美術館の創作版画」

日時:2018年10月6日(土曜日) 14時から
会場:2階ホール(当日先着210名・無料) 
講師:井上芳子氏(和歌山県立近代美術館学芸課長)
※終了しました



ワークショップ「木版画摺り体験」

創作版画家タイラ・コウ氏の指導の下、木版の多色摺り技法を体験できるワークショップを行います。
図柄は花札の「鹿に紅葉」で秋にぴったりです。全6版のうち、3~4版の摺りの体験を予定しています。

日時:2018年10月14日(日曜日)・27日(土曜日)
   午前の部:10時から12時/午後の部:14時から16時(30分前から受付開始)
会場:展示棟1階踊り場
講師:タイラ・コウ氏(創作版画家、1960年岡山県生まれ 笠岡市在住)
定員:各回10名 *要申込み・先着順
対象:小学生以上から(ただし小学生は保護者同伴)
材料費:1人1枚 500円
※作品は当日持ち帰れます。
※汚れてもよい服装でご参加ください。見学は随時可能です。


<申し込み方法> 電話、FAX、メールでお申し込みください。
・参加ご希望ワークショップ名
・参加者氏名(小・中・高・大 or 一般)
・住所、電話番号、FAX番号 をお知らせください。

岡山県立美術館 〒700-0814 岡山市北区天神町8‐48 
TEL.(086)225-4800 FAX.(086)224-0648 e-mail:kenbi@pref.okayama.lg.jp
※お電話でのお問い合わせは開館時間(9時から17時)のみの対応となりますのでご了承ください。



美術館講座「創作版画と岡山ゆかりの作家」

日時:2018年10月21日(日曜日) 14時から
会場:地下1階講義室(当日先着70名・無料) 
講師:石田すみれ(当館学芸員)



美術の夕べ「創作版画が歩んだ道のり」展をみる

日時:2018年10月26日(金曜日) 18時から
会場:2階展示室 ※要観覧券
講師:石田すみれ(当館学芸員)



フロアレクチャー

日時:2018年11月4日(日曜日) 14時から
会場:2階展示室 ※要観覧券
講師:石田すみれ(当館学芸員)



託児サービスお子様を預けてゆっくり鑑賞をしませんか?

日時:2018年10月14日(日曜日) 12時から16時30分
対象年齢:6ヶ月から就学前
定員:7名   ※要予約、無料
申込締切:2018年10月11日(木曜日)16時
※詳細は下記の利用案内および申込書をご覧ください。

◎岡山県立美術館 託児サービスについて(pdf)
◎岡山県立美術館 託児サービス利用案内(pdf)
◎岡山県立美術館 託児サービス利用申込書(pdf)(エクセル)



■創作版画が歩んだ道のり展 チラシ公開中(PDF 3.6MB



beyond2020