■文人として生きる 浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術

 

浦上玉堂

発行:岡山県立美術館 千葉市美術館


・価格と送料 (『図録の通信販売について』をご覧ください)


目次
ご挨拶
003
浦上玉堂、春琴・秋琴父子の生涯と芸術
006
第一章 玉堂の家系と家族
019
  「玉堂琴士」と二子 春琴・秋琴
028
  脱藩 五十歳の決断−二子を連れて
054
第二章 玉堂
061
  模索の頃
064
  旅と交友
076
  玉堂は何を描いたのか 大作
098
  玉堂は何を描いたのか 題と詩意
108
  玉堂は何を描いたのか 郭中画・圜中書画
128
  [コラム]「李楚白山水帖」と玉堂・春琴父子  松尾知子
136
  [コラム]上田堂山と玉堂・春琴父子  守安收
146
  古希 玉堂の晩年
158
第三章 春琴
175
  三十代の春琴 発展
178
  四十代の春琴 飛躍
190
  中国画の学習
200
  [コラム]春琴の中国画学習  中村麻里子
206
  [コラム]春琴の交遊録−京都・究理堂をめぐって  松尾知子
212
  [コラム]魚蝦果疏画をめぐる春琴の仕事  松尾知子
224
  五十代以降の春琴 円熟
246
  文人として生きる−春琴の晩年
256
  [コラム]「団欒一咲(笑)自成我家」  尾島治
258
第四章 秋琴
263
  [コラム]浦上秋琴というひと  川延安直
280
第五章 玉堂を見つめる

285

  玉堂父子を中心とした近世浦上家系図
306
  出品作品データ補遺/参考図版
308
  落款印章
312
    玉堂の印章について
312
    春琴・秋琴の印章について
314
  玉堂父子をめぐる100人
322
  浦上玉堂・春琴・秋琴 年譜
328
  浦上玉堂・春琴・秋琴 関係文献
338
  出品リスト
342