◆ 岡山の美術展(収蔵品展示)◆

当館では「岡山県ゆかり」をキーワードに、すぐれた作品を数多くコレクションしています。 これらを紹介する「岡山の美術展(収蔵品展示)」では、古書画・日本画は毎月、洋画・工芸は3ヵ月ごとに展示を入れ替えています。 あわせて、特定のテーマ・ジャンルに焦点をあてた特別企画も多数行っていますので、より深く美術を味わっていただけます。ぜひ何度も足をお運びください。

◎岡山の美術展(特別企画)についてはこちら

※都合により展覧会の会期および内容などが変更になる場合があります。

2017年11月10日 からの 収蔵品展示
2017年11月10日(金曜日)から 12月10日(日曜日)

【洋画】   中山巍、瀬本容子、岡崎信吾
【工芸】   難波仁斎、山本象石、小山冨士夫
【日本画】 「さよなら酉年」林皓幹、稲葉春生、伊藤若冲
       浦上玉堂、浦上春琴、波多野華涯
 ■出品目録(PDFで開きます)

音声ガイダンスアプリ
(こちらからダウンロードいただけます)

展示中作品一覧(こちらからご覧いただけます)

主な収蔵品

古書画・日本画

玉澗 《廬山図》(重要文化財)
牧谿 《老子図》(平成25年新指定重要文化財)
雪舟等楊 《山水図(倣玉澗》(重要文化財)
宮本武蔵 《布袋竹雀枯木翡翠図》のうち《枯木翡翠図》
浦上玉堂 《山澗読易図》
岡本豊彦 《林和靖図》
小野竹喬 《夕茜》
池田遙邨 《雪へ雪ふるしづけさにをる山頭火》
寂室元光 《墨蹟(拾得詩)》
大愚良寛 《詩書屏風》

 

洋画

坂田一男 《キュビスム的人物像》
原田直次郎 《風景》
原 撫松 《老人像》
満谷国四郎 《瀬戸内海風景》
鹿子木孟郎 《浴女》
松岡 寿 《ピエトロ・ミカの服装の男》
国吉康雄 《夜明けが来る》
中山 巍 《縞のエプロン》
有元利夫 《会話》

工芸

金重陶陽 《備前三角擂座花入》
小山冨士夫 《青白磁大壷》
大野昭和斎 《桑造線象嵌箱》

彫刻

平櫛田中 《五浦釣人》