普及事業 「こんにちは美術館」

岡山県立美術館では、「美術や美術作品のもつさまざまな見方や価値観に気づいてもらいたい。楽しんでもらいたい。」と思っています。そのために、ワークショップ等の普及事業を通じて、来館者に作品そのものを自分自身のものとして、味わい楽しんでもらうことを目指しています。

◆ ワークショップ ◆

「傑作 浮世絵 揃い踏み−平木コレクション」関連事業


「浮世絵、多色摺り体験!」


開催日時:2017年7月29日、8月13日 各日午前の部10時から、午後の部14時から
講  師:タイラ・コウ(創作版画家、1960 年岡山県生まれ 笠岡市在住)
会  場:地下 1 階屋内広場
定  員:各回 6 名 ※申込者多数の場合は抽選
対  象:小学生以上から(ただし小学生は保護者同伴)
材料費 :1 人 1 枚 2000 円
申し込み:2017年7月18日(必着)までに、往復ハガキでお申し込みください。
※汚れてもよい服装でご参加ください。見学は随時可能です。

■ワークショップ申し込み(PDFで開きます)

現代作家とともに文化の歴史をたどる −韓国と岡山− 第一弾 ※要申し込み


「たどる/近世朝鮮通信使−牛窓編−」

日 時:2017年5月13日
場 所:牛窓海遊文化館・牛窓の町・本連寺、等

「たどる/鬼ノ城−古代吉備路編−」

日 時:2017年5月14日
場 所:鬼ノ城ビジターセンター、鬼ノ城 西門、水門、南門周辺
講 師:大久保英治(造形作家)
      Mr.Park,Chel-Ho(版画家)
      Ms.Shin,Kyung-Ae(写真家)
      平井典子(総社市埋蔵文化財学習の館館長)
      河合 忍(岡山県古代吉備文化財センター主任)


※第二弾(文化の歴史「朝鮮半島と岡山」を造形表現する)の開催予定日は、
  9月22日−24日です。 詳細は7月以降に、当サイト等でお知らせします。

top


過去のワークショップの様子を写真で公開しています。

◇ 過去のワークショップ紹介