次回開催の展覧会

ミュシャと日本、日本とオルリク

ミュシャ

 2020年、日本とチェコの交流100周年を迎えるにあたり、チェコ出身のアルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha, 1860-1939)とエミール・オルリク(Emil Orlik, 1870-1932)の作品を通して、芸術分野における東西交流の軌跡を辿ります。
 ミュシャは、ジャポニスムに湧く世紀末のパリで、甘美な女性像のポスターを制作し人々を魅了しました。その評判はすぐさま日本の作家たちに伝わり、絶大な影響をもたらしました。そして、版画家のオルリクは、ジャポニスムの潮流にふれて日本への憧れを募らせ、1900年から翌年にかけて来日しました。浮世絵版画や日本画の技法を習うにとどまらず、日本の美術界と交流を持ったことが注目されます。
 本展では、背景としてのチェコのジャポニスムも加えて紹介するほか、明治・大正期のグラフィック作品などをあわせて展示します。互いに魅せられ、響きあった作家たちの共演をお楽しみください。

開催概要

会期2020年1月4日(土曜日)から2月11日(火曜日・祝日)まで
※会期中、展示替を行います
・前期:2020年1月4日(土曜日)から1月19日(日曜日)
・後期:2020年1月21日(火曜日)から2月11日(火曜日・祝日)
開館
時間
9時から17時
・1月4日は10時開館、1月31日は19時まで開館
・いずれも入館は閉館30分前まで
・月曜日休館(祝日の場合は翌火曜日)
観覧料一般:1200円、65歳以上:1000円、高・大生:800円、中学生以下:無料
学生証やシルバーカード等、年齢が確認できる証明書をご提示ください
※20名以上の団体は2割引
主催岡山県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
後援駐日チェコ共和国大使館、チェコセンター東京、岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、岡山県郷土文化財団、公益社団法人岡山県観光連盟、公益社団法人岡山県文化連盟、NHK岡山放送局、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、RNC西日本放送、KSB瀬戸内海放送、oniビジョン、FM岡山
協力ルフトハンザカーゴ AG、一般財団法人高久国際奨学財団
コーディネートイデッフ
特別
協力
チェコ国立プラハ工芸美術館、ダッハウ絵画館


特別展示作品

関連事業

記念講演会

「アール・ヌーヴォーの花園
 アルフォンス・ミュシャ(仮題)」

日時:2020年1月13日(月曜日・祝日)
14時から15時30分
会場:2階ホール(当日先着210名・無料)
講師:西川奈津美氏
(堺 アルフォンス・ミュシャ館 学芸員)

 

美術館講座

「ミュシャと日本、日本とオルリク
 -響きあう東西交流」

日時:2020年1月25日(土曜日)
14時から15時30分
会場:地下1階講義室(当日先着70名・無料)
講師:石田すみれ(当館学芸員)

 

美術の夕べ

担当学芸員によるフロアレクチャー

日時:2020年1月31日(金曜日)
18時から19時
会場:2階展示室 ※要観覧券
講師:石田すみれ(当館学芸員)

 

フロアレクチャー

日時:2020年1月4日(土曜日)、2月2日(日曜日)
各日14時から15時
会場:2階展示室 ※要観覧券
講師:石田すみれ(当館学芸員)

 

託児サービス

お子様を預けてゆっくりとグラフィック作品の数々をお楽しみください

日時:2020年1月26日(日曜日)
13時から16時
対象年齢:6ヶ月から就学前
定員:7名
申込締切:2020年1月22日(水曜日)16時

※詳細は下記の利用案内および申込書をご覧ください

◎岡山県立美術館 託児サービスについて(pdf)
◎岡山県立美術館 託児サービス利用案内(pdf)
◎岡山県立美術館 託児サービス利用申込書(pdf)(EXCEL)

 

■「ミュシャと日本、日本とオルリク」 チラシ公開中(PDFで開きます)


チェコロゴbeyond2020