じゅにあ・ミュージアム・Lab


イベント詳細


ワークショップ

●<12月>「画面の表情を楽しんでみよう」

12月の「じゅにあ・ミュージアム・Lab」は、「画面の表情を楽しんでみよう」を開催します。
「画面」とは、描かれている絵の表面という意味を持つ言葉です。そして「表情」とは、顔に現れた感情や気持ちという意味を持つ言葉です。
では、「画面の表情」とはどういう意味なのでしょうか?
12月も「?」を楽しんでみましょう。

日時:2020年12月5日(土曜日)
・午前の部/10時から
・午後の部/14時から
2020年12月6日(日曜日)
・10時から
※各回とも内容は同じです
※所要時間は120分程度です
定員:各回8人 ※要申込み・先着順
講師:岡本裕子、中西ひかる(岡山県立美術館)
対象:小学校中学年さんから中学生さん
会場:岡山県立美術館 研修室
参加費:500円(材料代)
持参物:小学校や中学校で使用している絵の具の筆、筆以外で絵の具を画面に塗るために使えそうな「もの(2~3種類)」←自分で考えてみてね!
その他:飲料持参、活動しやすい、汚れても気にならない服装もしくは、エプロンなど

*詳細は参加者募集チラシ<じゅにあ12月>(PDF)をご覧ください