柚木玉邨・久太・祥吉郎


イベント詳細


柚木家三代

 穏やかな瀬戸内海に注ぐ高梁川の河口に江戸時代より干拓された玉島は、高瀬舟や北前船が数多く出入りするなど備中の玄関口として栄えた港町です。この地で、江戸中期頃より備中松山藩主に代々諸役として仕えた庄屋で、奉行格の待遇を受けていたのが柚木家です。
 柚木家からは諸芸に秀でた人物が多く出ましたが、本展で紹介するのは柚木玉邨・久太・祥吉郎の三代です。柚木玉邨(1865-1943)は、実業面で活躍するかたわら流麗な水墨画を描いて詩書に通じた南画家で、その息子の柚木久太(1885-1970)は、フランスに渡って研鑽を積み、帰国後は官展系の美術展に出品し続けて清涼な風景画を遺した洋画家です。また、久太の長男の柚木祥吉郎(1919-2005)は、人物のいる幻想的な風景画を描いた洋画家です。
 本展では、柚木久太の初期から晩年にかけての風景画を中心に、父・玉邨の南画と子・祥吉郎の油彩画を一堂に展示することによって、それぞれの画業を明らかにしつつ、時代を超えた柚木家三代に通底する精神を、玉島の文化的背景を踏まえながら紐解きます。

●開催概要

会期2021年5月21日(金曜日)から6月27日(日曜日)まで
開館
時間
9時から17時
・5月29日、6月26日は19時まで夜間開館
・いずれも入館は閉館30分前まで
休館日月曜日
観覧料一般:350円、65歳以上:170円、大学生:250円、高校生以下:無料
学生証やシルバーカード等、年齢や所属が確認できる証明書をご提示ください
キャンパスメンバ―ズ制度加盟校の学生は無料
※20名以上の団体は2割引
特別展「熊本県立美術館所蔵 今西コレクション 肉筆浮世絵の世界 アナザーワールド発見!」の観覧券でもご覧いただけます
主催岡山県立美術館
助成公益財団法人 花王 芸術・科学財団
後援岡山県教育委員会、倉敷市教育委員会、岡山県郷土文化財団、公益社団法人岡山県文化連盟、一般財団法人岡山県国際交流協会、山陽新聞社、NHK岡山放送局、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、RNC西日本放送、KSB瀬戸内海放送


展示作品

●関連事業

鼎 談

玉島と柚木家三代の絵画

日時:2021年6月5日(土曜日)
14時から15時30分
会場:2階ホール(当日先着180名・無料)
講師:鍵岡正謹(当館顧問)、橋村直樹(当館学芸員)、八田真理子(当館学芸員)

 


 
チラシ表 チラシ裏

■「柚木玉邨・久太・祥吉郎―柚木家三代の絵画と精神」 チラシ公開中(PDF・1.2MB)

お客様へのお願い

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止し、お客様に安心して本展をご覧いただくため、以下のご協力をお願いいたします

37.5度以上の発熱や咳などの風邪の症状、息苦しさや強いだるさなどがある方は入館をご遠慮ください
マスクの着用や咳エチケットを遵守してください
入館前に手指消毒等をしてください
観覧券売り場では、一定の間隔を空けてお並びください
展示室内では、他のお客様との距離を空けてお静かにご観覧ください(状況によっては、入場制限等をする場合もあります)

※新型コロナウイルス感染拡大の影響で会期や内容が変更になることがあります