生誕100年記念 高木聖鶴展


イベント詳細


高木聖鶴
 

●開催概要

会期2022年6月3日(金曜日)から7月3日(日曜日)まで
開館
時間
9時から17時
・6月3日(金曜日)は10時開館
・6月25日(土曜日)は19時まで夜間開館
・いずれも入館は閉館30分前まで
休館日月曜日
観覧料■前売券【一般のみ】:800円(6月2日まで販売)

■当日券 一般:1100円、65歳以上:900円、大学生:500円、高校生以下:無料
学生証やシルバーカード等、年齢が確認できる証明書をご提示ください
※障害者手帳等をご持参の方とその介護者1名は無料
主催岡山県立美術館、山陽新聞社
後援岡山県教育委員会、岡山市、岡山市教育委員会、総社市、総社市教育委員会、公益財団法人岡山県郷土文化財団、NHK岡山後送局、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、RNC西日本放送、KSB瀬戸内海放送、エフエム岡山、レディオモモ、oniビジョン、公益社団法人岡山県文化連盟、一般財団法人岡山県国際交流協会、岡山日展会、岡山県書道連盟、朝陽書道会

 高木聖鶴(たかぎ せいかく)は大正12(1923)年総社市に生まれ、終戦後、「仕事以外に生涯を通じて学べるものを」と書を選び、書家の内田鶴雲に師事。日本や中国の古筆(こひつ)を研究し、特に仮名書の頂点といえる平安期の古筆を徹底的に臨書研鑽し、優美さと鋭さを兼ね備えた独自の書風を打ち立てました。昭和25(1950)年日展に初入選して以後、同展や朝陽書道会展等に作品を発表。平成29(2017)年93歳で没するまで70年以上の長きにわたり、自身の書作に励むとともに朝陽書道会会長、日展顧問、日本書芸院最高顧問等の要職を歴任。平成18(2006)年に文化功労者に選出、平成25(2013)年には岡山県内在住者として初の文化勲章を受章するなど、日本の書壇の発展に多大な功績を残しました。
 本展は、高木の生誕100年を記念し開催するもので、各地の博物館施設や個人に収蔵される代表作、初期から最晩年まで100点の書作を一望するとともに、書家・高木聖鶴の心技を育んだ愛蔵の古筆や文房四宝を展覧します。

 
高木聖鶴
 

●関連事業

記念講演会

「父・高木聖鶴」

日時:2022年6月5日(日曜日)
14時から
会場:2階ホール
定員:180名 
講師:髙木聖雨氏(高木聖鶴氏長男・謙慎書道会理事長・日本芸術院会員)
※要申込み 
★申込み締切:5月20日(金曜日)必着/5月23日より返信
◆現在席が残っているため追加受付を行います。先着順、定員に達し次第受付を終了いたします。
 

記念対談

「高木聖鶴の書とコレクション」

日時:2022年6月25日(土曜日)
15時から
会場:2階ホール
定員:180名 
講師:島谷弘幸氏(九州国立博物館)、恵美千鶴子氏(東京国立博物館)
※要申込み
★申込み締切:6月10日(金曜日)必着/6月13日より返信
 

◆お申し込み方法◆

往復はがき
往復はがき

 
往復はがき にてお申し込みください

※1イベントにつき1枚のはがきでお送りください
※1枚のはがきで2名様まで申し込めます

往信面の宛名に「〒700-0814 岡山市北区天神町8-48 岡山県立美術館「高木聖鶴展」行」
返信面の宛名に「応募代表者のご住所・お名前を記入」、
往信面の文面に「参加希望イベント名と日時」「応募者それぞれのご住所・お名前・お電話番号」
を明記の上ご応募ください

 

公開揮毫

会場:地下1階屋内広場

講師:髙木聖雨氏(漢字)
日時:2022年6月4日(土曜日)
14時から

講師:森上光月氏(かな・朝陽会理事長)
日時:2022年6月12日(日曜日)
14時から

講師:藤川翠香氏(かな・朝陽会理事長代行)
日時:2022年6月22日(水曜日)
14時から

 


 

チラシ表 チラシ裏

■「生誕100年記念 高木聖鶴展」チラシ公開中(PDF・649KB)

 

お客様へのお願い

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止し、お客様に安心して本展をご覧いただくため、以下のご協力をお願いいたします

37.5度以上の発熱や咳などの風邪の症状、息苦しさや強いだるさなどがある方は入館をご遠慮ください
マスクの着用や咳エチケットを遵守してください
入館前に手指消毒等をしてください
観覧券売り場では、一定の間隔を空けてお並びください
展示室内では、他のお客様との距離を空けてお静かにご観覧ください(状況によっては、入場制限等をする場合もあります)

※新型コロナウイルス感染拡大の影響で会期や内容が変更になることがあります