第4回 みんなの参観日 後期


イベント詳細


みんなの参観日

●開催概要

会期■前期 
2022年12月4日(日曜日)から12月18日(日曜日)

参加校|倉敷市立大高小学校、倉敷市立天城小学校、備前市立備前中学校、瀬戸内市立邑久中学校

■後期
2023年1月15日(日曜日)から1月29日(日曜日)

参加校|岡山大学教育学部附属小学校、倉敷市立庄小学校、美咲町立加美小学校、真庭市立久世中学校

会場岡山県立美術館 地下1階屋内広場
観覧料:無料
開館
時間
9時から17時
・2022年1月28日(土曜日)は19時まで開館
・いずれも入館は閉館30分前まで
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)
主催岡山県立美術館、岡山県小学校教育研究会図画工作部会、岡山県中学校教育研究会美術部会
後援岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、備前市教育委員会、瀬戸内市教育委員会、倉敷市教育員会、美咲町教育委員会、真庭市教育委員会

参観日2

岡山県小学校教育研究会図画工作部会、岡山県中学校教育研究会美術部会と岡山県立美術館は、第4回《みんなの参観日「図工の時間・美術館の時間―子どもの学び―」》を開催します。本年度は、県内小学校5校、中学校3校が参加します。また、新しい試みとして「交流の場としてのシンポジウム」も開催します。

《みんなの参観日》は、「図工の時間・美術の時間」の中で大切にされている子どもの思いや主題、そして先生の支援や子ども同士の関わりを切り口とした「子どもの学び」を美術館に展示して、大勢の人々がそれを参観する場です。現在の図工の時間や美術の時間における子どもの学びを、地域や社会に知ってもらう機会になれば―、そして、同じ時代に図工の時間や美術の時間で学んでいる子どもたちが参観することで、同じ世代の多様な表現や考え方を知る機会になる―と考えています。
 

●関連事業

シンポジウム

みんなの参観日シンポジウム
みんなで語ろう!図工の時間・美術の時間
過去 ← 現在 → 未来

 みなさんは、「図工の時間・美術の時間」という言葉からどんなことを思い浮かべますか?
 岡山県立美術館では、岡山県小学校教育研究会図画工作部会、同中学校教育研究会美術部会と一緒に、みんなが小学校の授業でしている「図工の時間」、みんなが中学校の授業でしている「美術の時間」を、みんなが参観することができる≪みんなの参観日「図工の時間・美術の時間-子どもの学び-」≫を2019年度から開催しています。
 4回目の開催となる今年度は、新しい試みとしてシンポジウムを企画しています。「図工の時間・美術の時間」をキーワードに、年齢も立場も異なるさまざまな人々と交流する場を持ちたいと考えています。みんなで語りましょう!

日時:2023年1月21日(土曜日)
13時30分から15時30分
(開場13時から)
会場:2階ホール
参加費:無料
対象:どなたでもご参加いただけます!
*図工の時間・美術の時間をかつて体験した人、今現在体験している人、体験されたことがない人、教職員関係者、かつて保護者だった人、今現在保護者である人、将来保護者になる人…どなたでも!
定員:100人 ※要申込み・先着順

<シンポジウム/プログラム>
■アイスブレイク:体と頭をほぐしましょう!

■講演:学校と美術館のお話を伺ってみましょう!

①「未来につながる-図画工作、美術の授業づくり」
講師|平田朝一氏(文化庁参事官(芸術文化担当)付教科調査官、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官、国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部教育課程調査官)
②「福岡市美術館の教委育普及活動-アートといきる」
講師|鬼本佳代子氏(福岡市美術館主任学芸主事)

■交流会:みんなで語りましょう!

パネリスト|平田朝一氏、鬼本佳代子氏、高橋和亮氏(倉敷市立庄小学校教諭)、杉本正章氏(瀬戸内市立邑久中学校教諭)、北川太郎氏(彫刻家、京都文教短期大学講師)、中田正範氏(絵の好きなおじいさん、少年警察補助員、保護司)
司会|岡本裕子(岡山県立美術館主任学芸員)

*詳細は参加者募集チラシ<みんなで語ろう!図工の時間・美術の時間>(PDF)をご覧ください

 

研修会

◆みんなの参観日×くらしき図画工作の会◆
「図工の時間を語る&美術の時間にチャレンジ」

 昨年度に引き続き、「みんなの参観日」と「くらしき図画工作の会」のジョイント研修会を開催します。
前期参加校の先生を講師にお迎えして、交流会とminiワークショップを実施します。
 地域や、校種を超えた研修会です。小中学校の先生方、幼児教育にたずさわっていらっしゃる方、高等学校や大学の先生方等、造形教育・美術教育にたずさわっていらっしゃる方が一つの場に集う交流会とminiワークショップです。お気軽にご参加ください。

日時:2022年12月10日(土曜日)
10時から
*所要時間は120分程度です。
会場:岡山県立美術館 屋内広場&研修室
*まず、屋内広場にご集合ください
講師:プログラム_1
岡根誠氏(倉敷市立大高小学校)
三宅ひかり氏(倉敷市立天城小学校)
プログラム_2
杉本正章氏(瀬戸内市立邑久中学校)
参加費:無料
対象:造形教育・美術教育にたずさわられている方
定員:10人程度 ※要申込み・先着順
その他:飲料、活動しやすい服装

<研修会/プログラム>
プログラム_1:図工の時間を語る
「10才のわたし-はじめての木版画-」(倉敷市立大高小学校4年生)、「にじんでひろがる わくわく世界」(同天城小学校3年生)の実践紹介&前期展示を参観しながらの交流会

プログラム_2:美術の時間にチャレンジ
「マスキングテープアート/表現への想い」(瀬戸内市立邑久中学校3年生)の授業miniワークショップ(マスキングテープの魅力を探る!)

*詳細は参加者募集チラシ<研修会>(PDF)をご覧ください

 

ワークショップ

会期中の土・日・祝日は、ワークショップやトークイベントなどを開催予定です。

◆みんなの参観日×じゅにあ・ミュージアム・Lab<12月>◆
●「ここはマスキングテープ島」

 「じゅにあ・ミュージアム・Lab<12月>」は、≪第4回 みんなの参観日「図工の時間・美術の時間-子どもの学び-」≫とのジョイント・ワークショップです。≪みんなの参観日≫に参加している瀬戸内市立邑久中学校3年生が、美術の時間に取り組んだ「マスキングテープアート」に、今回はチャレンジします。
 タイトルは、「ここはマスキングテープ島」――これからみんなで協力しながらこの島で暮らすことになりました。しかし、島には何もありません。さて、生活をするために必要な物って何でしょう。

日時:2022年12月11日(日曜日)
10時から
◎定員に達しました
※所要時間は120分程度です。
会場:岡山県立美術館 研修室&屋内広場
講師:杉本正章氏(瀬戸内市立邑久中学校教諭)
対象:小学校中学年さんから中学生さん
そして、兄弟姉妹、保護者
*ご家族でご参加いただけます。
定員:15人程度 ※要申込み・先着順
参加費:無料
持参物:お気に入りの写真や絵など(複数枚)
その他:飲料、活動しやすい服装

*詳細は参加者募集チラシ<じゅにあ12月>(PDF)をご覧ください


◆みんなの参観日×きっず・ミュージアム・Lab<12月>◆
●「にじんでひろがる わくわく世界」

 「きっず・ミュージアム・Lab<12月>」は、≪第4回 みんなの参観日「図工の時間・美術の時間-子どもの学び-」≫とのジョイント・ワークショップです。
 倉敷市立天城小学校の3年生は、図工の時間に「にじんでひろがる わくわく世界」にチャレンジしました。「にじむってどんなことかなぁ~?」「何がにじむのかなぁ~?」「わくわくな世界って、どんな世界なのかなぁ~?」
 みなさんも、たくさんの「?」にチャレンジしてみましょう!

日時:2022年12月17日(土曜日)
・午前の部/10時30分から ◎定員に達しました
・午後の部/14時から
2022年12月18日(日曜日)
・午前の部/10時30分から
※各回とも内容は同じです。
※所要時間は90分程度です。
会場:岡山県立美術館 研修室
講師:17日 三宅ひかり氏(倉敷市立天城小学校教諭)
18日 岡本裕子、中西ひかる、中桐聡美(岡山県立美術館)
対象:小学校中学年さんから中学生さん
定員:各回6人 ※要申込み・先着順
参加費:無料
その他:飲料持参、汚れても気にならない活動しやすい服装、手拭き用タオル(複数枚)

*詳細は参加者募集チラシ<きっず12月>(PDF)をご覧ください

 

 
チラシ表 チラシ裏

■「第4回 みんなの参観日」チラシ公開中(PDF)

 

お客様へのお願い

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止し、お客様に安心して本展をご覧いただくため、以下のご協力をお願いいたします

37.5度以上の発熱や咳などの風邪の症状、息苦しさや強いだるさなどがある方は入館をご遠慮ください
マスクの着用や咳エチケットを遵守してください
入館前に手指消毒等をしてください
観覧券売り場では、一定の間隔を空けてお並びください
展示室内では、他のお客様との距離を空けてお静かにご観覧ください(状況によっては、入場制限等をする場合もあります)

※新型コロナウイルス感染拡大の影響で会期や内容が変更になることがあります