形山コレクション 茶碗 掌の銀河

茶碗

 岡山県内の個人や企業が所有する作品を紹介する「おかやまアートコレクション探訪」―6回目となる本展は、陶芸家ならば必ず一度は手がけるであろう「茶碗」ばかりを集めたユニークな個人コレクションをご紹介します。備前焼の金重陶陽、志野の荒川豊藏、萩の10代・11代三輪休雪、青白磁の塚本快示ら人間国宝に、川喜田半泥子や岡部嶺男、石黒宗麿ら陶芸界に名だたる著名作家たちの魅力的な茶碗が一堂に会します。一碗に込められた、手のひらには収まりきらない作品世界をお楽しみください。

開催概要

会期2019年1月18日(金曜日)から3月10日(日曜日)まで
開館
時間
9時から17時
・1月25日・2月22日は19時まで開館
・いずれも入館は閉館30分前まで
・月曜日休館(祝日の場合は翌火曜日)
観覧料一般:350円、65歳以上:170円、大学生:250円、小・中・高校生:無料
学生証やシルバーカード等、年齢が確認できる証明書をご提示ください
*20名以上の団体は当日券の2割引き
キャンパスメンバ―ズ制度加盟校の学生は無料
◎1月18日から2月24日まで、同時開催の特別展『秀桜基金留学賞10年 そして「今」』の観覧券でもご覧いただけます
主催岡山県立美術館

特別展示作品

関連事業

呈茶席

加藤唐九郎や石黒宗麿、若手人気作家の茶碗を手にとって一服お召し上がりください

日時:2019年1月19日(土曜日)・2月24日(日曜日)・3月2日(土曜日) 各日11時から
定員:各日70名 ※要申込み・先着順(2019年1月5日より申込受付開始)
費用:500円(呈茶券・図録付)
協力:しぶや黒田陶苑、当館ボランティアスタッフ

※全日程定員に達しましたので受付を終了しました

 

美術の夕べ

「茶碗で楽しむ作家の個性」

日時:2019年2月22日(金曜日) 18時から
会場:2階展示室 ※要観覧券
講師:福冨幸(当館主任学芸員)
※終了しました

 

■形山コレクション 茶碗 掌の銀河展 チラシ公開中(PDFで開きます)