開催中の展覧会

星野道夫 悠久の時を旅する

星野道夫

星野道夫は、アラスカで暮らし、大自然に生きる動物を撮影した写真家です。
北極圏の大地や、野生動物と共生する人々の暮らし、語り継がれた神話――。星野はその鋭敏な感度で生命の輝きを捉えるとともに、数々の出会いを通じて思索を深めながら、「自然と人の関わり」を追い続けました。彼の残した写真と言葉は、没後25年を迎えた今もなお多くの人々の心を動かし、今日的な課題へと向き合う私たちの背中を優しく押してくれています。
本展は、日本にいた20歳の星野がアラスカのシシュマレフ村村長と交わした手紙をはじめとする貴重な資料を交えて、初めて足を踏み入れたアラスカから、事故で亡くなる直前まで撮影していたロシアのカムチャツカ半島までの写真を一望するものです。未完の作品群によって星野の足跡を辿りながら、彼の終わりなき旅をご紹介します。

 
星野道夫星野道夫 (ほしの・みちお)

1952年、千葉県市川市生まれ。19歳のときに目にしたエスキモーの村の空撮写真に惹かれ、村長宛に手紙を書く。20歳の夏休みにアラスカに約3カ月滞在。帰国後、写真家になる決意をし、慶應義塾大学卒業後、動物写真家・田中光常氏の助手を2年間務める。1978年、アラスカ大学野生動物管理学部に入学。以後、アラスカの自然と人々をテーマに写真と文章で記録し発表。1996年8月、カムチャツカ半島で取材中にヒグマに襲われて急逝。アニマ賞・木村伊兵衛写真賞受賞。

●開催概要

会期2021年9月28日(火曜日)から11月7日(日曜日)まで
開館
時間
9時から17時
・10月30日(土曜日)は19時まで夜間開館
・いずれも入館は閉館30分前まで
休館日月曜日
観覧料一般:1000円、65歳以上:900円、大学・専門学校生:500円、高校生以下:無料
学生証やシルバーカード等、年齢や所属が確認できる証明書をご提示ください
※障害者手帳等をご持参の方とその介護者1名は無料
◎本展観覧券で同時開催の岡山の美術 特別展示「草間喆雄 美しき色彩のコンポジション」もご覧いただけます
主催岡山県立美術館
協力星野道夫事務所
企画
協力
クレヴィス
後援岡山県教育委員会、岡山県郷土文化財団、公益社団法人岡山県文化連盟



展示作品

●関連事業

※いずれも要申込み、応募多数の場合は抽選とします

ワークショップ

「スライドトークと鹿革小物づくり」

移住、狩猟、命への感謝と、活用のこと
星野道夫さんがカメラで捉えた世界は、私たちから遠く離れたものでは決してありません
「岡山で自然と共に生きること」について、お話と小物づくりを通して考えます
※ご注意:鹿の血液が写った画像がスライドトークに含まれます

日時:2021年10月23日(土曜日)
・10時から ・14時から
2021年11月6日(土曜日)
・10時から ・14時から
会場:地下1階講義室
対象:小学校中学年以上
定員:各回20名 ※要申込み
材料費:1500円
講師:渋谷肇氏(革職人、西粟倉村在住)

WS1WS2

 

記念講演会

「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風景をたどって」

日時:2021年11月3日(水曜日・祝日)
13時30分から15時(13時開場)
会場:2階ホール ※要観覧券
定員:180名 ※要申込み
講師:星野直子氏(星野道夫事務所代表)

 

◆お申し込み方法◆

※締め切り:10月10日(日曜日)必着

メールか往復はがきを使い、メール本文もしくは往復はがき往信面に

  1. 参加イベント名(ワークショップの場合は参加する日と時間)
  2. 郵便番号・住所
  3. 氏名(1通につき2名まで可)
  4. 電話番号 ※メールの場合は件名にイベント名も記入

以上を明記のうえ、下記までお申し込みください。当落のご連絡をいたします。

岡山県立美術館「星野道夫展 関連イベント係」
〒700-0814 岡山市北区天神町8‐48
Eメール:kenbi-entry@pref.okayama.jp

 


 
チラシ表チラシ裏

■「星野道夫 悠久の時を旅する」 
 チラシ公開中(PDF・738KB)

 

お客様へのお願い

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止し、お客様に安心して本展をご覧いただくため、以下のご協力をお願いいたします

37.5度以上の発熱や咳などの風邪の症状、息苦しさや強いだるさなどがある方は入館をご遠慮ください
マスクの着用や咳エチケットを遵守してください
入館前に手指消毒等をしてください
観覧券売り場では、一定の間隔を空けてお並びください
展示室内では、他のお客様との距離を空けてお静かにご観覧ください(状況によっては、入場制限等をする場合もあります)

※新型コロナウイルス感染拡大の影響で会期や内容が変更になることがあります