[2月→3月に延期] 3月20日 暗闇ワークショップ-さわって、つくって、みる-

2月13日(日)に開催を予定していた「暗闇ワークショップ」は、新型コロナウイルス感染拡大のため、3月に延期となりました。

ワークショップ

●暗闇ワークショップ-さわって、つくって、みる-

 「暗闇ワークショップ」を、3年ぶりに開催します!(2月に延期となったプログラムです)
 真っ暗闇の中で使えるのは、視覚以外の感覚器官です。視覚以外の感覚器官(聴覚・味覚・嗅覚、そして触覚)をフルに活かして、暗闇のスペシャリスト・広瀬浩二郎さんと一緒に、暗闇の中で「さわって、つくって、みる」世界を楽しみましょう。

日時2022年3月20日(日曜日)
14時から15時30分
◎定員に達しました
※プログラムは90分を予定していますが、30分程度伸びる可能性もあります。
会場岡山県立美術館 ホワイエ/研修室
講師広瀬浩二郎氏(国立民族学博物館准教授)
スタッフ岡本裕子、中西ひかる、中桐聡美(岡山県立美術館)
対象高校生以上、広く一般
*視覚の障害の有無にかかわらず参加いただけます。
定員5人 ※要申込み・先着順
参加費無料
その他 ○手拭き用タオル、飲料、エプロン等持参
○活動しやすい服装(汚れは洗濯で落ちます)

 
*詳細は参加者募集チラシ(PDF)をご覧ください