3月9・10日「テープ!TAPE! てーぷ!2019」

テープ

ワークショップ

◆岡山県立美術館 こんにちは美術館事業◆

身体感覚を呼び覚ます・行為そのものを楽しむワークショップ

【第1弾】テープ!TAPE! てーぷ!2019 参加者募集

身体感覚を刺激するワークショップ「テープ!TAPE!テープ!」を、4年ぶりに開催します。
セロテープをまるまる一巻き使って時間制限内にボールをつくったり、色んな色のビニールテープを使って屋内広場の地面を巨大なキャンバスに見立てて大きな大きな絵をみんなで描く、体をいっぱい使うワークショップです。2日目は、大きな大きな絵を触ってみるプログラムです。視覚に障害のある児童と、その家族やお友達のみなさんを対象としたワークショップです。たくさんの方のご参加、お待ちしています!

  • 日 時:2019年3月9日(土曜日)、10日(日曜日) 各日13時30分から15時30分
  • 定 員:各日30人程度 ※要申込み・先着順
  • 講 師:島田清徳氏(岡山県立大学デザイン学部准教授)、福冨幸/岡本裕子(岡山県立美術館主任学芸員)、岡山県立大学デザイン学部学生
  • 対 象:9日=小学校以上、広く一般(親子参加歓迎!)、10日=視覚に障害がある児童/生徒とその家族やお友達
  • 会 場:岡山県立美術館 屋内広場
  • 参加費:無料
  • その他:飲料持参、活動しやすい服装(汚れても気にならない服装)、 活動の様子や作品の撮影可能です。カメラをご持参ください。

*詳細は参加者募集チラシ(PDF)をご覧ください


セロテープのボールづくり

大きな絵

片付けもワークショップ!

-「テープ!TAPE!てーぷ!2015」の活動風景-