■坂田一男 捲土重来

坂田一男

発行日:2019年12月25日
発行:東京ステーションギャラリー
全248ページ

●価格と送料 『図録の通信販売について』をご覧ください

 

目次
はじめに3
捲土重来 再起する絵画(絵画の変容そして勝利)
岡﨑乾二郎
7
Ⅰ 滞欧期まで
事物の探求-事物に保管されたもの/空間として補完されたもの
25
Ⅱ 帰国後の展開 戦中期
カタストロフと抵抗-手榴弾/冠水
49
Ⅲ-1 戦後1 スリット絵画
積層される時空-海/金魚鉢
97
Ⅲ-2 坂田一男のパラダイム135
Ⅳ-1 戦後2 残された資料
時間の攪乱=アナーキーなアーカイブ
145
Ⅳ-2 戦後3 黙示録=捲土重来181
「巴里の落書」と「オワーズ河漫筆」:その制作年代の考察と裏面エスキース復元の試み
橋村直樹
202
坂田一男のパリ時代
成相肇
210
年譜220
文献一覧227
作品リスト237