岡山県立美術館運営協議会

岡山県立美術館運営協議会の概要

設置根拠等 岡山県立美術館運営協議会要綱
設置年月日 昭和63年5月1日
委員数・任期 20名以内・2年
設置目的 岡山県立美術館の運営に対し、岡山県立美術館長の諮問に応ずるとともに、意見の具申を行う
公開・非公開
の別
非公開
〔非公開の理由〕
・公開することにより、公正かつ円滑な議事運営に支障が生じるため
・議事内容に個人に関する情報が含まれるため
開催実績等 平成29年度
平成30年3月22日
問い合わせ先 岡山県立美術館
岡山市北区天神町8-48
電話:086-225-4800

 

岡山県立美術館運営協議会要綱

(設 置)

第1条 岡山県立美術館(以下「美術館」という。)の運営に関し岡山県立美術館長(以下「館長」という。)の諮問に応ずるとともに、館長に対して意見を述べる機関として、美術館に岡山県立美術館運営協議会(以下「協議会」という。)を置く。

(組 織)

第2条 協議会は、委員20人以内で組織する。

(委 員)

第3条 委員は、学識経験を有する者のうちから、館長が委嘱する。
2 委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合において補欠委員の任期は、前任者の残存期間とする。
3 委員は、再任されることができる。

(会 長)

第4条 協議会に会長を置き、委員の互選によってこれを定める。
2 会長の任期は、委員としての在任期間とする。
3 会長は、会務を総理し、協議会を代表する。
4 会長に事故あるときは、会長があらかじめ指名した委員がその職務を代理する。

(会 議)

第5条 協議会の会議は、会長が招集する。
2 協議会の会議は、委員の過半数が出席しなければ開くことができない。
3 協議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

(小委員会)

第6条 協議会に必要に応じて小委員会を置くことができる。
2 小委員会に属する委員は、委員のうちから会長が指名する。

(庶 務)

第7条 協議会の庶務は、美術館において行う。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が定める。

附 則
この要綱は、昭和63年5月1日から施行する。

 

委員名簿

氏名 役職等
赤木里香子 岡山大学大学院教育学研究科教授
江尻博子 岡山経済同友会
「文化・スポーツ委員会」委員長
大月康嗣 岡山県中学校長会
岡山市立旭東中学校長
大西泰子 岡山県婦人協議会会長
大原謙一郎 大原美術館名誉館長
岡﨑 彬 岡山県商工会議所連合会会長
加納容子 勝山文化往来館ひしお館長
神原正明 倉敷芸術科学大学芸術学部教授
黒住宗晴 日本工芸会中国支部顧問
越宗孝昌 山陽新聞社取締役会長
近藤 治 岡山県高等学校長協会
岡山県立岡山操山高等学校長
佐藤兼郎 岡山県副知事
角田みどり 元中国短期大学保育学科教授
中尾雅文 岡山県小学校長会
岡山市立幡多小学校長
中尾雅文 岡山県小学校長会
岡山市立幡多小学校長
日比謙一郎 岡山県教育庁 教育次長
平田 稔 岡山県美術家協会副会長
岡山県立大学名誉教授

(敬称略:50音順)