美術館の歴史

◆岡山県立美術館について◆

県美外観

「郷土に親しみ 美を慈しむ」

岡山県立美術館は、郷土にゆかりあるすぐれた美術品を収集・展示するとともに、内外の芸術活動を紹介する展覧会やワークショップを開催しています。

≪創る、学ぶ、集う、守る、繋ぐ≫広場として、地域の芸術文化の発展に貢献していく「県民とともに創る美術館」です。

◆設立経過

昭和55年1月天神山地域利用構想懇親会を開催
昭和55年3月岡山県天神山文化施設整備基金を設置
昭和57年1月天神山文化施設整備のための基礎調査を委託発注
昭和57年5月
~昭和58年8月
天神山地区利用構想懇談会を開催し、整備の基本方針を出す
(全体会議3回、小委員会2回)
昭和57年12月
~昭和58年8月
「天神山地区利用構想懇談会」の意見を踏まえ、また、中央地元の学識経験者等の意見を聴きながら「天神山地区文化施設整備基本構想」を策定
昭和58年9月
~昭和59年4月
基本設計委託および策定(委託先:岡田新一設計事務所)
昭和59年
5月~11月
基本設計に対する意見聴取および修正作業を実施
(意見聴取者:学識経験者、各種団体、個人等)
昭和59年
12月6日
実施設計委託
(委託先:(株)岡田新一設計事務所)
昭和60年3月
~昭和61年6月
敷地内既存建物解体撤去工事
(岡山東警察署、岡山公共職業安定所、広島高裁岡山支部)
昭和60年
4月1日
県企画部に県立美術館開設準備事務局設置
昭和60年8月岡山県立美術館(仮称)新築工事契約締結
昭和60年
10月28日
岡山県立美術館(仮称)起工式
昭和60年10月
~昭和62年7月
建設期間
昭和61年
4月1日
県企画部県立美術館開設準備事務局組織の変更
昭和62年
4月1日
岡山県立美術館開設準備事務局設置(企画部出先機関)
昭和62年
7月1日
岡山県立美術館竣工
昭和63年
3月11日
岡山県立美術館条例設置
昭和63年
3月18日
岡山県立美術館開館
昭和63年
5月1日
岡山県企画部から総務部へ移管
平成10年
4月1日
岡山県総務部から生活環境部へ移管
平成19年
4月1日
指定管理者制度の導入(施設及び設備の維持管理に関するものの一部)
指定管理者:アトラクティブ大永(株)[H19.4.1-H22.3.31,H22.4.1-H25.3.31]
平成22年
4月1日
岡山県生活環境部から環境文化部へ移管
平成25年
4月1日
指定管理者業務の拡大(展示室監視業務、ホームページ管理業務等)
指定管理者:鹿島建物総合管理(株)[H25.4.1-H30.3.31]
平成25年
5月23日
第13回日本建築家協会(JIA)25年賞を受賞