岡山県立美術館検定<中級>

岡山県立美術館検定<中級>に挑戦!!

初級編よりもさらに深い、美術や施設に関する問題になっています

Q1. 県美が建っているところ、江戸時代は何町だった?
Q2. 県美の建物を特徴づけるものとしてふさわしくないものはどれですか?
Q3. 美術館ホールの収容人数約何名?
Q4. 江戸時代に玉澗《廬山図》を切断したのはだれですか?
Q5. 《寒山図》を描いた足利義持は誰の息子?
Q6. 渡唐天神が持っているカバンの中身は?
Q7. 「雪舟五代」を自称した長谷川等伯の出身地はどこ?
Q8. 脱藩した父玉堂に伴い、出奔した秋琴が仕えたのは何藩?
Q9. 人形作家として活躍した日本画家大林千萬樹の娘の名前は?
Q10. 所蔵品が100点を超えている作家はだれ?
Q11. 次のうち、京都の画壇で活躍した画家はだれ?
Q12. フランスの長期滞在の後、倉敷市玉島で生涯制作した画家はだれ?
Q13. 岡山出身で、米国に移民した後、メイナード賞を受賞するなど、肖像画家として活躍した画家はだれ?
Q14. 柚木久太の父親はだれ?
Q15. 父の故郷が岡山市で、現在ウィーンに在住し、郊外の麦畑を集中的に描く画家はだれ?
Q16. 松岡寿がローマ留学中に師事したイタリア人画家は?
Q17. 原田直次郎がミュンヘン留学中に師事した画家は?
Q18. 松原三五郎が岡山で開いた画塾の名前は?
Q19. 明治22(1889)年に上京した徳永仁臣が師事した画家は?
Q20. 現在、東京都慰霊堂と復興記念館に残されている関東大震災の惨状を記録する25点の油彩画を描いた画家は?
Q21. 鹿子木孟郎がパリ留学中に師事したジャン=ポール・ローランスが長年にわたって教授していた画塾は?
Q22. アメリカで活躍した国吉康雄と親しく交友したエコール・ド・パリの画家は?
Q23. 漆芸家山口松太が得意とする「堆錦」技法に欠かせない岡山県産漆を何という?
Q24. 平櫛田中《五浦釣人》のモデルはだれ?
Q25. スタイリッシュなファッションイラストで人気を博した森本美由紀、彼女が上京して師事した先生の名前は?
Q26. 岡山県立美術館開館記念特別展の名称は?
Q27. 次のうち、最も早くに開催した展覧会は?
Q28. 岡山県内で、阿弥陀如来が西方極楽浄土から多くの聖衆とともに現世まで迎えに来てくれる様子を再現する、演劇的仏教行事である「練り供養」を行っているのは久米南町の誕生寺ともうひとつはどこ?
Q29. 2015年、「有為自然」展で取り上げた作家は、岡崎和郎と伊勢﨑淳、もうひとりはだれだった?
Q30. 鑑賞者と学芸員の交換日記(「岡山の美術観察日記」)、展示替えごとに届くお知らせハガキを何という?
Q31. 学校と美術館の連携を図るため「ミュージアム特使」として活動する教員のことをなんと呼ぶ?
Q32. I氏賞の第1回大賞を受賞した大西伸明の作品タイトルとして正しいのはどれか?
Q33. 県美ではI氏賞を受賞した作家のその後の活動を紹介する受賞作家展を開催していますが、これまでに開催した展覧会のサブタイトルとしてまちがっているものはどれか?